Exhibitor

有限会社 創

社名 有限会社 創
住所 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-41-3
TEL 03-3460-6371
FAX 03-3460-6527
HP http://www.so-arest.com/
マッチング内容

具体的なニーズ(欲しい技術・商品等)
1.放送設備用音声補正装置「皆伝」
 イ…障害者差別解消法(特に聴覚障害者対策)に高い関心を持たれている館内放送用設備を有する施設、公会堂   
   教育機関、団体、企業様。
 ロ…コールセンター等、聴覚障害者との電話応対に改善が必要とされる機関、業種。
 ハ…補聴器とは別の方法の聴覚障害者「聴こえ改善」対策に関心のある企業様。
2.対話型音声補正装置「伝助」
 窓口業務のあるすべての業種(金融機関、医療機関、他各種相談窓口を持つ業種等)

想定されるマッチング相手先(業種・機関等)
障害者差別解消法に関心を持たれているすべての業種、機関

特色

アピールポイント
補聴器とは逆の発想で開発、話し手側の音声を電子回路で補正し聴覚障害者に聞き取り易くする装置(技術)の為、あらゆ
る音響製品に搭載可能です。

詳細(主要事業、得意技術・自社製品のご紹介など)
1.放送設備用音声補正装置「皆伝」 
特許出願中の音声明瞭化システム(VCS)技術搭載の音声補正装置は、館内放送設備を有する施設、建造物の既存
の放送設備に接続するするだけで、面倒な工事、設定は必要なく現状を変える事なく設備をそのまま利用して、スピー
カーから出力される音声を聴覚障害者には聞き取り易く、健聴者にはクッキリ感の増したクリアな音声に補正します。
(非常用放送設備対応タイプは受注生産となります)

2.対話型音声補正装置「伝助」
金融機関や各種相談窓口、医師と聴覚障害者との会話に於ける「聴こえの改善」は障害者差別解消法にも明記され
急務とされております。補聴器の有無に関わらず、伝助の縦4列のスピーカーから出る音声は横方向にその音声を拡散
せず、対象者だけが補正された聴き取り易い音声で大切な会話を可能に致しました。
 現在、我国の聴覚障害者の数は全人口の10%にも上り、今後もイヤホンによる音楽鑑賞の増加等の影響により益々
増加傾向にありますが、その70%を占める軽中度の聴覚障害者には大変有効な装置です。